ひびりゅうてき 福圓寺住職の綴り

アーカイブ

ご覧のアーカイブは October 2007分です。

雅楽研修

29日~今日(31日)まで3日間、鎮西楽所の雅楽研修会に参加してきました。私の担当はこのブログのタイトルにあるように、龍笛を含めた三管の笛ですが、今年から弦(ゲン)楽器[琵琶]も勉強中です。演奏方法は単純なんですが、非常に間(ま)のとり方が難しい楽器です。耳(音を聴く耳)も良くないと調弦[弦の音を合わせること]が出来ません。五十の手習い?また一から勉強です。

カテゴリ: お知らせ
2007年10月31日掲載

となり近所

昨日、福圓寺の地元24行政区(犬星地区)の隣り近所助け合いチームが発足しました。
既に数年前から活動していた数名の方がおられたのですが、今回30名もの大所帯が出来、高齢化が進む中、隣り近所に住むもの同士が見守りあう活動を中心に、「お互いに無理をせずに出来ることをさせて頂く」、「決して押し付けはしない」、「お互いのプライバシーは侵さない」などを確認しました。昔ならごく当たり前のことなのですが、隣に住む人の顔も見たことがない世の中になりつつある現在、たいへんすばらしい活動であり、忘れ去られようとしている大切なことを思い出させてくれる気がします。及ばずながら、私も一員に加えて頂きました。

カテゴリ: お知らせ
2007年10月27日掲載

里帰り

10月1日、千葉県より西豊子さん親子が実家のお兄さん夫婦と一緒にお参りに来られました。西さんは金田小学校前にあった平木歯科医院の娘さんで、今年が亡き母の13回忌にあたり、法事の当日お参りが出来ないからと、娘さん共々休暇を取ってお参りに来られたとの事。
時代の流れと共に、方城を離れる方々が増えつつありますが、福圓寺が遠方にお住まいの方々にとって故郷を想う安らぎの場所であればと念じます。

カテゴリ: お知らせ
2007年10月02日掲載

伊方小学校運動会

昨日、9月30日(日曜)恒例の伊方小学校運動会が執り行われました。
伊方小学校は、昭和16年まで、福圓寺が建っていた場所にあり、当時、伊方小 念仏三羽烏と云われた、越智先生や樋口先生、小出先生といった、そうそうたる先生方がお寺に下宿して伊方校に奉職されていた、能念寺坂(能念寺とは福圓寺が金田より明治8年に移転した古い天台宗の寺の名)という地名もまだ校内に存在しているほどお寺とは縁の深い学校で、遠方に住まわれておられる檀信徒の方々には懐かしい名前ではないかと思います。方城炭鉱全盛時には2千名ほどいた児童数が現在では3百数十名まで減少していますが、伊方の子供たちは相変らず元気です。ちなみに現在の田中校長先生も30年ほど前、福圓寺に下宿しておられた方です。


カテゴリ: お知らせ
2007年10月01日掲載

最初へ