ひびりゅうてき 福圓寺住職の綴り

アーカイブ

ご覧のアーカイブは March 2018分です。

春彼岸 宗祖御忌法要

昨日 彼岸中日、「法然上人」807回忌の御忌法要と春彼岸の檀信徒御先祖様の御供養に雨天にもかかわらず 大勢の参詣があり、併せて ここ数年 日本中で立て続けに続いている自然災害でお亡くなりになられた方々の御回向が本堂にて厳粛に執り行われました。
昨年の春彼岸会にお元気な姿で参詣されて居られた方が、この一年間で数名お亡くなりになられ、卒塔婆供養がありました。法然上人の詠まれた歌に「きのう見し 人はと問えば- 今日はなし 明日また我も人に問われん」という歌があります。人は常に無常(常でない時間)を生きているということにあらためて気付かされます。合掌

カテゴリ: 随感
2018年03月22日掲載

最初へ