ひびりゅうてき 福圓寺住職の綴り

アーカイブ

ご覧のアーカイブは September 2016分です。

秋季彼岸音楽法要

昨日(彼岸中日)に福圓寺檀信徒出身線没者並びに永代経供養、檀信徒ご先祖様の彼岸のご供養を無事終えることができました。秋のお彼岸は毎年 福圓寺合唱団 コール・シンビオシスの協力で音楽法要を行っています。内容は、浄土宗のお経を合唱曲にしたものです。年々確実に上達しています。美しい歌声が本堂に木霊し、ご先祖様もさぞお喜びになられたことと思います。毎月第2、第4土曜日 午後2時~4時まで練習しています。一度覗いてみませんか

カテゴリ: お知らせ
2016年09月23日掲載

秋季彼岸会

「彼岸」とは、生死流転の現世 此岸から 悟りの世界 彼岸に到る「 到 (とう) 彼岸」のことで、古代インドの原語でパーラミター(波羅蜜多)といいます。この彼岸の期間(七日間)に 布施 (ふせ)~めぐみ ・ 持戒 (じかい)~いましめ ・ 忍辱 (にんにく) ~しのび ・ 精進 (しょうじん)~はげみ ・ 禅定 (ぜんじょう)~しずけさ ・ 智慧 ( 千恵)~悟り、という「 六つの正しい行い 」(六波羅蜜)を自分にあてはめて実践し、 煩悩 (ぼんのう) の川を渡り、極楽浄土へ生まれかわりたいと願う信仰実践の一週間です。浄土宗では「お念仏」を称えることによって阿弥陀如来様の慈悲のお育てを頂き、煩悩だらけの自分の心を清らかにして「六つの正しい行い」が自然と実践できるような自分に少しでもならせていただけるよう精進する期間とされています。合掌

カテゴリ: お知らせ
2016年09月20日掲載

最初へ