ひびりゅうてき 福圓寺住職の綴り

アーカイブ

ご覧のアーカイブは December 2010分です。

三菱方城炭鉱殉職者97回忌法要

去る12月15日、大正3年に起きた日本炭鉱史上最大の殉職者を出した、旧三菱方城炭鉱の事故以来欠かさず続けられている、殉職者「97回忌」の法要が、事故発生の時刻である午前9時40分の福圓寺「釣鐘」の音と町内一斉放送による「黙とう」の合図で、遺族、三菱マテリアル株式会社の所長他職員、福圓寺檀信徒代表の参詣を頂き、今年も例年と変わりなく、厳かにご供養ができました。
約一世紀の年月を経て、遺族も残り少なくなり、事故も風化しつつあります。地下に眠る尊い命の犠牲があって、現在の日本の繁栄があることを決して忘れてはならないと感じます。至心合掌

カテゴリ: お知らせ
2010年12月22日掲載

十夜法要「献燈明」

今月4日~5日にかけて、当山の阿弥陀如来様の「十夜法要」が勤修され、今年の初十夜のお檀家諸霊位の「諷誦文」回向が行われました。
十夜法要中の夜席(4日)の午後6時より、今年で4回目で恒例となりつつある「十夜.献燈明」が行なわれ、境内に108個のローソクが燈され、幻想的な光の演出にしばし酔いしれました。


撮影…才木英一

カテゴリ: お知らせ
2010年12月10日掲載

最初へ