ひびりゅうてき 福圓寺住職の綴り

アーカイブ

ご覧のアーカイブは August 2008分です。

夏の終り

暑かった夏も お盆を過ぎると、すぐそこに秋の気配が感じられてきます。今年は 梅雨明けが例年にくらべ2週間ほど早く、夏の長さに猛暑も加わり、あちらこちらで 夏ばて気味の方を見かけます。8月も終わりに近づき、近所の子供たちも夏休みの宿題に追われているようす。40年前の自分の姿がフッと頭をよぎり、ヒグラシやツクツクホウシの声に何となく焦りを感じます。

カテゴリ: 随感
2008年08月26日掲載

盆提灯

福圓寺では、お盆中の3日間、ご先祖のお迎え お見送りの折に、境内に約150個の盆提灯を燈します。これは毎年近隣のお檀家の方々の御奉仕により、取り付け 取り外しが行なわれています。今年も8月11日早朝より飾り付けを行ない、明日17日朝8時より片づけを行ないます。迎え火、送り火の小さな灯りが、ご先祖さまとの絆を結んでくれます。今年もお蔭様で、3日間通して多数のお参りがあり、無事お盆を終えることが出来 安堵しております。ご協力頂いた方々に心より御礼申し上げます。合掌

カテゴリ: お知らせ
2008年08月16日掲載

施餓鬼法要終了

8月5日(火)午後1時より当山施餓鬼供養が多くの参詣者のお念仏を頂き今年も盛大に行なわれました。施餓鬼供養は、いつもの法要とは異なり、外陣(仏様と反対の方向)に祭壇を祀り、縁あるすべての霊位をこの日に限り、外陣につくられた祭壇にお移り頂いて回向し、施餓鬼の経に誘われて集まってくる三界万霊を共に供養し、その功徳によって福徳寿命を願う法会です。お釈迦様の時代から2500年間変わらず行なわれてきました。2時間かけて700霊を超す檀信徒先祖の回向を終えると、毎年不思議に体が軽く感じます。至心合掌

カテゴリ: お知らせ
2008年08月07日掲載

最初へ