ひびりゅうてき 福圓寺住職の綴り

アーカイブ

ご覧のアーカイブは May 2008分です。

「もやいの塔」 Q&A

「もやいの塔」で頂く問合せをまとめました。

Q;血縁者がまったくなくても申し込めますか?
Q;姓が違うもの同士でもいっしょに入れますか?
Q;志納料に永代供養料も含まれるのですか?
Q;永代供養をお願いする場合、どのような形で供養がされるのですか?
Q;檀家じゃないと申し込み出来ませんか?
Q;お葬式はお寺でお願いできますか?
Q;夫婦でと考えていますが、使用料は「一人分」でしょうか?
Q;管理料は必要でしょうか?
Q;個別にお墓参りをしたい場合、お経はあげてもらえますか? また法事の会場をお願いすることはできますか?

最新
Q;私の実家の先祖が殆ど無縁に近い状態です。お墓には五~六人の先祖が入っていると思います。私の家(嫁ぎ先)のお墓には入れることはできません。今後どうしたらよいか迷っています。沢山の先祖があっても「もやいの塔」に埋葬することはできるでしょうか?

» 詳しく

カテゴリ: 「もやいの塔」 Q&A
2008年05月31日掲載

5月17日夕観音菩薩お逮夜祭が行われました。

平成6年に建立以来、毎年5月17日夕刻に行なわれている慈母観世音菩薩お逮夜祭と、太平洋戦争で戦死された福圓寺檀信徒中の四十五柱の英霊供養が、近隣の檀信徒を始め、遠くは福岡市や福津市から多くのお参りをいただき、昨年同様、盛大につとめることができました。今年は観音様の左側に「もやいの塔」も完成し、慈母観世音菩薩様のお祭りと英霊の供養に花を添えてくれました。

カテゴリ: お知らせ
2008年05月21日掲載

永代供養墓 「もやいの塔」完成

今年2月初旬より工事にかかっておりました、永代供養墓「もやいの塔」が完成いたしました。
「もやい」とは「いっしょに」とか「分け合う」という意味があります。永代供養墓「もやいの塔」は、現代に相応したお墓の新しい形として、家単位で作る従来のお墓ではなく、ひとりひとりがそれぞれに選ぶことができる個人のためのお墓です。縁故者のいない方や、地縁、血縁を超えて新しい縁結びを求める方々のお墓として、お互いに冥福を祈りあうお墓です。ご夫婦で加入されるもよし、お一人で加入されるのもよし、また将来無縁になることが予想される先祖のお墓を改葬することもできるよう幅広く門戸を開きます。福圓寺がお墓の継承者に代わり、血縁を超えてお供養をいたします。一度ご覧下さい。

“ともに生き ともに往く”
“はからいのない生のために”

カテゴリ: お知らせ
2008年05月16日掲載

連休終了

大型連休も終り、日常の生活に戻られていることと思います。今年も故郷を離れて遠方に暮らす方々が、久しぶりに帰省しておられる姿を多く目にしました。お寺にも懐かしい顔が見られ、「ここに来ると何時も変わらず心が落ち着く」という言葉を耳にし、変わらず護り続けて行ける事の喜びを感じています。木々も新しい芽を吹き、命の息吹を感じる季節です。大いなる命に生かされている喜びを感じながら、念仏精進したいものです。合掌

カテゴリ: お知らせ
2008年05月07日掲載

最初へ